北海道胆振東部地震 (2018)

皆さんこんにちは!! 
地震のお見舞い電話ありがとうございます。本州の親類・友達から電話が鳴り、状況を説明したくても、停電で私自身も状況を分からなかった!!大阪のご利用様からは、食べ物に困っているなら何か送りますか?とまで言われ涙が出るくらい嬉しかった。思いやりの大切さをしみじみ体験しました。震源地は北海道胆振地方中東部で、地震の規模はMj 6.7、震源の深さは37 km、最大震度は震度階級で最も高い震度7で北海道では初めて観測された。死者41人、負傷者749人(重傷18人、軽傷731人)、住家の全壊415棟、半壊1346棟、一部破損8607棟、負傷者749人(重傷18人、軽傷731人)。停電が最大で40時間。食料の供給が遮断され、商店に物が無い。地震後の停電の影響が大きかった!!

下記の緑色の文字をクリックすると動画ファイルが開けます。

2018年09月06日